客人



アトリエにはいろんな客人がやってきます。


ハクビシンや猫(はなちゃん)もやってきますが、一番窓の近くまであそびにきてくれるのは鳥たちです。

季節ごとに小さな鳥たちが入れ替わり立ち替り、中でも一年通してやってくるのがシジュウカラ。

ひまわりの種が大好物なので、餌台をつくって提供しています。


餌台のえさが空になると、窓のサッシをつついてさえずり、催促します。

春に来ていた親がこどもたちをつれてやってくるようになり、そのこどもたちがまた親になりこどもたちをつれてきます。

胸の模様が個性的で、どのこが親になったのか、なんとなく追跡してたのしんでいます。


家で飼われている鳥たちとは違い、自然の小鳥たちは過酷な季節を外でのりこえてゆくので寿命は2年ぐらいだと聞いたことがあります。

春には元気いっぱいだった親が、やせ細り、こどもたちを連れてやってくると、そのさえずりが「このこたちをこれからどうぞよろしく」と言っているように聞こえます。


アトリエ名「Gokötta」は、私の鳥好きから派生した名前です。

アトリエには「空(クー)」という歌が上手なオカメインコもいますが、その子の話はまた別の機会に。





11回の閲覧

since Mar, 2019 Porcelain Atelier Gokötta all right reserved.

当HPはPorcelain Atelier Goköttaが運営するサイトです。

サイト内の内容、画像などの無断転用を禁じます。